糖芸菓子

京菓子に関連した言葉について調べられます。
以下の分類別から選択し、文字をクリックして下さい。

季節別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
50音別          
ジャンル別 歴史 主菓子 干菓子 菓子器関連 好み菓子



50音別  わ  
主菓子
蕨餅
わらびもち
蕨粉を煮て固めた皮で、漉し餡をまるく包み、豆の粉をつける。蕨粉は練って蒸すと葛餅のようになるが、葛とはまた違った野趣の風味がある。
あべ川にすることもある。

  若草
わかくさ
道明寺皮を若草の緑に仕立て、雪餅のように、氷餅を粉にしたものをつけている

  若鮎
わかあゆ
 
  若草饅頭
わかくさまんじゅう
 
干菓子
紫雲英
れんげ
松は老いも若きもめでたきものとして尊ばれ、松の幸先を願い長寿を祈る。
種煎餅に若松の焼印を押し、味噌餡を挟んで新春を祝う品である。

  蕨結び
わらびむすび
青く染めた有平を蕨形にまげてある。

参考文献:『茶菓子の話』(淡交社)、『カラー 京都の菓子』(淡交社)。すべて鈴木宗康先生著


▲このページのTOPへ戻る