糖芸菓子

京菓子に関連した言葉について調べられます。
以下の分類別から選択し、文字をクリックして下さい。

季節別 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
50音別          
ジャンル別 歴史 主菓子 干菓子 菓子器関連 好み菓子



季節別  8月  
主菓子 青瓢
あおふくべ

  朝顔
あさがお

  磯辺餅
いそべもち

  渦汐
うずしお

  琥珀
こはく

  こぼれ紅
こぼれべに

  涼風
りょうふう

  清流
せいりゅう

  竹流し
たけながし
外回り2cmあまりの青竹を12cmほどに切り、中へ淡紅または白色の錦玉(琥珀)糖の柔らかいものを流し込み、使う時、節に小穴をあける。
裏千家十代 柏叟好。
竹流し水羊羹は、裏千家十一代 玄々斎好。

  玉すだれ
たますだれ

  夏木立
なつこだち
流し込み葛饅頭。皮には吉野葛を用い、中から青餡が透けて見える。
武者小路千家十二代 愈好斎が大正十四(1939)年夏に好んだもの。

  葉月
はづき

  夕立
りっしゅう

干菓子 沢潟
おもだか

 
いわ

  荒磯
あらいそ

  団扇
うちわ

  観世水
かんぜみず
白有平で水の形に作る。なるべく細かく作るのがよい。
裏千家十一代 玄々斎好。

  琥珀糖
こはくとう
琥白糖。寒天と砂糖に水飴を加えて練り上げる。錦玉ともいう。
裏千家十一代 玄々斎好。
精中好みの中にもある。

 
かもめ


  雲の峯
くものみね

  桐一葉
きりいちよう

  納涼
のうりょう

  撫子
なでしこ

  夏の海
なつのうみ

  瓢(夕顔)
ひさご(ゆうがお)

  ひさご

  星月夜
ほしつきよ

  蓮の葉
はすのは
 
  蓮房
はすふさ
 

参考文献:『茶菓子の話』(淡交社)、『カラー 京都の菓子』(淡交社)。すべて鈴木宗康先生著


▲このページのTOPへ戻る